WordPress専用「wpXクラウド」レビュー

WordPressに特化したレンタルサーバー「wpXクラウド」のレビューです。

wpXクラウドとは?

wpXクラウドは名前の通りWordPressに特化したクラウドサーバーです。
上記の説明の通り、WordPressの高速化と全7段階の柔軟なスペックアップが特長です。

wpXクラウドの基本情報

名前 wpXクラウド
月額 500円~
初期費用 0円
容量 10GB~
転送量 月間 300GB (PV目安 : 30万PV)
MySQL 1個 (150MB)
マルチドメイン 1
サポート 電話・メール
自動インストール あり (WordPress日本語版)
系列・会社 エックスサーバー
お試し期間 14日間
上位プラン 複数有り

wpXクラウドレビュー

wpXクラウドで特徴的なのは「グレード」です。wpXクラウドには全部で7段階のグレードがあります。
グレードは規模やPVに合わせて変更が可能で、月間30万PVまで処理できるグレードAから、月間2,500万PVまで処理できるグレードXまであります。
自分のブログの規模に合わせてスペックを調整できるのは良いですね。

月額はグレードAの500円から。
そして初期費用は0円、つまり無料なのも見逃せないです。
一ヶ月から契約可能なのも良いですね。とにかく気軽に使えます。
もちろんスペックも悪くないです。
wpXクラウドはWordPressの高速化が期待できます。

リバースプロキシによるキャッシュ処理機能が標準搭載されています。そのため、WordPressのキャッシュ系プラグインを使用する必要がありません (サポートによるとむしろキャッシュ系プラグインは使わない方が良いそうです)。

キャッシュ系プラグインは扱いが危険なものも多いので、その辺りを気にしたくない方にもwpXクラウドはオススメできますね。

ただし自由度が低いのは少々デメリット。
WordPressが1個しか使えない上に、使用不能なプラグインもあり自由度が低いです。
また転送量目安を見てみると、同価格でwpXクラウドより転送量が多いサーバーはたくさんあるので少々コスパが悪いです。
wpXクラウドは”WordPress特化”にどの程度価値を見出せるかによってコスパが変わりそうです。

wpXクラウドの評価まとめ

wpXクラウドは安価で気軽に試せます。
サーバーの性質上、長期的に育てていくWordPressブログで使うのが良さそうです。もし、大型サイトに成長する可能性があるWordPressブログが1つならオススメですね。

他にも「WordPress専用サーバーを使ってみたい!」「クラウドサーバーを試してみたい!」という方にはお手軽に試せるサーバーになっているので使ってみると良いと思います。


関連記事

  1. WordPress専用クラウド「Sova WP」レビュー

  2. レンタルサーバー「ヘテムル」でWordPressを使ってみた感想

  3. WordPressをエックスサーバーで使ってみた感想

  4. エックスドメイン、WordPressが使える無料レンタルサーバー

  5. Sova WPの月額支払いをお得な年額支払いに切り替える方法

  6. 格安レンサバ「ロリポップ!レンタルサーバー」レビュー

  7. SEOに強いレンタルサーバーはあるのか?

  8. WordPress初心者は値段が高くてもサポートが良いサーバーを選ぼう!

PAGE TOP