WordPressの管理画面が「W3 Total Cache」によって遅くなる現象

WordPressの強力なキャッシュプラグイン「W3 Total Cache」の影響でWordPressの管理画面が異様に重くなる状況が確認されました。

WordPressの管理画面が遅い

WordPressの管理画面が非常に遅くなりました。
WordPressはプラグインやレンタルサーバーとの相性から著しく管理画面の表示スピードが変わってしまいます。今回の原因はWordPressのキャッシュプラグイン「W3 Total Cache」のObject Cacheが原因でした。

というわけで早速Object CacheをOffにしてみました。


W3 Total Cacheの設定

W3 Total Cacheをオフにすることはできないので、原因であるObject Cacheを設定からオフにします。
やり方は、管理画面からサイドバーの中にあるPerformance→General Settingsを開き、その中のObject CacheのEnableからチェックを外し、「Save all setting」で設定を保存したら完了です。

WordPressがサクサク動く

Object CacheのEnableからチェックを外しただけでWordPressの管理画面がサクサク動くようになりました。

キャッシュ系には注意

WordPressのキャッシュ系のプラグインはWordPressサイトを高速化してくれますが、思わぬところでトラブルを起こすようです。
今回はキャッシュなのに動きが遅くなるという本末転倒な結果に…みなさんもWordPressのキャッシュプラグインには気をつけて下さい。


関連記事

  1. WordPressのサイトを多言語化する方法

  2. 簡単!WordPressを手動でサーバーにインストールする方法

  3. WordPressをプラグインでバックアップする方法

  4. WordPressのデフォルトテーマ一覧 (2010~2016)

  5. ワードプレスのテーマをハミングバードに変えればPVが増える!?

  6. WordPressのセキュリティを強化する10の方法

  7. WordPressの多言語化プラグインに「WPML」レビュー

  8. WordPressの多言語プラグイン「WPML」で起こったトラブル一覧

PAGE TOP