WordPressのSEO効果を高めるパーマリンクの設定方法

私はこのブログを始める際、SEOを意識してWordPressのパーマリンクを設定しました。
パーマリンクをあとから変更するのはなかなか難しいので、最初にしっかり決めておきましょう!

パーマリンクとは

パーマリンクとはWordPressの個別の投稿、ページに割り当てられたURLです。

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。

Source : IT用語辞典バイナリ

パーマリンクはブログにSEOを施す上で非常に重要なファクターです。


Googleのガイドラインを参考にしよう!

パーマリンクに絶対の正解はありませんが、私はGoogleによる公式のガイドラインを参考にするのが一番良い答えだと思っています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41dのような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

Source : ウェブマスター ツール ヘルプ

SEOに適したWordPressのパーマリンク

上記のGoogleのガイドラインを参考にした場合、以下のようなパーマリンクに設定するのが良いと考えられます。

http://ドメイン/投稿名/

このようにドメインの次にそのまま記事の投稿名が続くような形です。
このURLの形ならば非常にシンプルであり、またURLを見ただけで内容が推測できます。
もしサイトにアップするコンテンツが決まっており、不変であるならば、以下のような形式もいいと思います。

http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名

ドメインと投稿名の間にカテゴリー名を含めた形です。
サイトの構成次第では投稿名のみよりわかりやすいURLになると思います。

ちなみにドメイン、カテゴリー、投稿名は全て英文字で設定するのがオススメです。

設定は「投稿名」のみ!

私はWordPressのパーマリンクを投稿名のみにしています。
その理由はこのパーマリンク形式がもっともシンプルかつ、あとから変わる可能性が低いからです。
もしパーマリンクに日付やカテゴリーを含ませてしまうと、あとから日付やカテゴリーを変更した場合にリンクが変わってしまいます。
これでは不便ですよね。
日付を変える可能性は少ないですが、カテゴリーはブログの成長やカスタマイズ、リニューアルに伴い変わる可能性が大いにあります。

なので私は状況が変わっても、またWordPressから他のCMSに乗り換えることになってもパーマリンクの形式が変わる可能性が低い「投稿名」のみを選択しています。

WordPressでパーマリンクを設定する方法

WordPressでパーマリンクを設定するのは簡単です。
WordPressのダッシュボードから「設定」→「パーマリンク設定」に移動し、任意のパーマリンク設定にチェックを入れ、「変更を保存」をクリックすれば完了です。

パーマリンクは「投稿名」で

そんな訳で私は、名前の通りその不変性を重視し、WordPressのパーマリンクは「投稿名」のみ選んでます。。
これがSEO、UI/IX、管理、あらゆる面でもっとも最適なパーマリンクだと思います。
WordPressなら記事のパーマリンクを自由かつ簡単に設定できるので、SEO、ひいてはユーザーのためにしっかり設定しておきましょう。


関連記事

  1. WordPressの管理画面が「W3 Total Cache」によって遅くなる現象

  2. WordPressのデフォルトテーマ一覧 (2010~2016)

  3. WordPressの多言語プラグイン「WPML」で起こったトラブル一覧

  4. WordPressでTwitterを活用する7つの方法

  5. WordPressをプラグインでバックアップする方法

  6. WordPressのSEO|カテゴリーに説明を追加する

  7. WordPressを高速化する方法

  8. Sova WPでWordPressのセキュリティ設定をする方法

PAGE TOP