WordPressをMAMPでMacのローカルにインストールする方法

WordPressテーマのカスタマイズをするために、MacのローカルにWordPressをインストールしてみたのでその方法を紹介します。

WordPressとMAMP

MAMPはMacのローカルでApacheやMySQL、PHPの環境を構築できるアプリです。
なのでMAMPを使えば簡単にWordPressをローカルで動かすことができます。
MAMPにはWindows版もありますが、私は使ったことはないのでここではMacでの使用を想定して説明します。


MAMPをインストールする

まずはMAMPをMacにインストールしましょう。
MAMPはMAMPの公式サイトから無料でダウンロードできます!

MAMP & MAMP PRO
MAMPをMac上にダウンロードしたら、他のAppと同様、解凍してMacにインストールしてください。

データベースを作成

インストールが終わったらMAMPを起動し、「Start Server」をクリックします。
そして、Toolsの中のphpMyAdminを起動、そしてphpMyAdmin上に新しいデータベースを作成してください。
データベース名は任意の名前でOk。
「wordpress」等、わかりやすい名前にしておくと便利です。

WordPressをMac内に設置する

WordPressをMacのローカルにダウンロードします。
WordPressの公式サイトから新しいWordPressをダウンロードするのがオススメです。

WordPress › 日本語

WordPressをダウンロードしたら解凍して、MAMP内のhtdocsフォルダーに入れます。
Finderの検索窓に「htdocs」と打てば出てくるはずです。その中にWordPressファイルをフォルダごと入れてください。

WordPressをインストールする

再びMAMPを起動します。(先ほどから起動しっぱなしならそれでも構いません。
そしてアドレスバーに「http://localhost:8888/(wordpressのフォルダ名)/」と打ってアクセスします。
これはhtdocsの中身を参照しているので、例えば先ほどhtdocsに入れたWordPressのフォルダ名が「wordpress」であれば、「http://localhost:8888/wordpress/」となります。
アクセスすると見慣れたWordPressのインストール画面が表示されると思うのでそのままインストールしてください。

ちなみにデータベース名等は以下のとおりです。

  • データベース名 : phpMyadminで作ったデータベースの名前。
  • ユーザー名 : root
  • パスワード : root
  • データベースのホスト名 : localhost
  • データベース接頭辞 : (任意)

これらの情報でWordPressをインストールできるはずです。

WordPressがインストールできたら、あとは通常のWordPressと同じように使えます。

まとめ

WordPressテーマのカスタマイズや新しいプラグインの調整など、ローカル環境のWordPressは様々なテストに使えるので非常に便利です。

ぜひ活用してみてくださいね。


関連記事

  1. WordPressのサイトを多言語化する方法

  2. WordPressでTwitterを活用する7つの方法

  3. WordPressを高速化する方法

  4. WordPressにrobots.txtを設置する方法と書き方

  5. WordPressの多言語化プラグインに「WPML」レビュー

  6. WordPressのオススメプラグイン13個

  7. WordPressの多言語プラグイン「WPML」で起こったトラブル一覧

  8. WordPressのSEO|カテゴリーに説明を追加する

PAGE TOP