FacebookをWordPressで確実に活用する7つの方法

自身のWordPressとFacebookを連携して、ブログやサイトを成長させましょう。
ここではFacebookの様々な機能・サービスを使ってWordPressブログをフル活用する方法を紹介します。

Facebookの活用

FacebookはSNSの中でもユーザー数が多いSNSです。
しっかり活用することで良い相乗効果を生み出すことが期待できます。

※Facebookは仕様変更が頻繁に起こるので、一部内容が古いかもしれません。情報のご利用にはご注意ください。

1.Facebookページの作成

まずは「いいね!」を頂いたり、コメントを頂いた際の受け皿となる「Facebookページ」を開設しましょう。
Facebookページは通常のFacebookと違い、本名や通称以外でも作成出来るので、ブログ名や芸名・ペンネーム、ハンドルネームで作成する事ができます。

そのため、実名アカウントを伏せてブロガーとして投稿や「いいね!」をしたり、身内向けの実名アカウントとネットユーザー向けのFacebookページアカウントと分けて使ったりといったことができます。

Facebookページの10の特徴

  • ハンドルネームやサービス名、ブログ名でできる。
  • 無料
  • カンタンに作れる
  • カンタンに投稿できる
  • Google検索等で表示される
  • 「いいね!」等気軽なレスポンスを頂ける
  • 「いいね!」ボタン等ブログと連携できる
  • Twitterより炎上しにくい
  • 独自のアカウント名をURLに含ませられる
  • Facebookアプリで機能を拡張できる

Facebookページの作り方

Facebookのトップページにアクセスします。
Facebookトップページ下部にFacebookページ作成のリンクがあります。そこから手順に沿ってやれば簡単にFacebookページを作成できます。
Facebookページ作成は以下のような流れです。

個人アカウントを作成

Facebookページの管理人になります。個人なら自分のアカウントです。設定を変更しない限り、誰がFacebookページ管理人かは分からないので本名等がバレる事はありません。

Facebookページを作成

カテゴリやページ名を決めて作成。
カテゴリはいつでも変更できますが、ページ名は「いいね!」が200名を超えると変更できないので注意。
ちなみにFacebookページはいくつでも作成が可能です。

Facebookページのユーザネームを設定

Facebookページのユーザーネーム(アカウント名)を設定します(設定できない場合もあります)。
設定方法は「基本 データを編集」→「このページのユーザーネームを作成しますか?」をクリックします。ファン(いいね!)が25名集まるか、携帯電話で認証すると作成/変更できます。
作っていきなりいいね!25名集まらない場合は携帯電話認証を使って最初にURLを希望のものにしておくのがオススメです。

基本データ入力

プロフィール写真を設定し、基本データを入力してFacebookページを整えます。


2.ブログの更新情報をFacebookに投稿

ブログの記事を書いたら記事のリンクを自分のFacebookに投稿/シェアして広めましょう。
その時その時でわかりやすく内容が分かるように説明を書いて記事(リンク)を投稿するのがオススメです。

もしブログの記事を書く度Facebookに投稿するのが大変な場合は、動作が安定している自動投稿ツールを使って自動的にFacebookに新着記事を投稿しましょう。
Facebookに記事を自動投稿するツールはWeb上のアプリ「dlvr.it」やFacebookアプリ「RSS Graffiti」があります。

私は「RSS Graffiti」がオススメです。

「RSS Graffiti」は記事中の画像のサムネイルを一緒に投稿してくれるのがポイントです。
また複数のFacebookページやFacebookページと自分の個人アカウントなど複数のFacebookに自動投稿できます。
ちなみに投稿する記事の情報は名前の通りRSSから取得しています。
なのでRSSを発信していないブログでは使えません。

Facebook投稿に最適な時間帯

Facebookに投稿する際はFacebookを使用している方が多い時間帯を狙って投稿する事でより多くの方に投稿を見てもらえます。
基本的に以下の時間帯がFacebook利用者が多く、多くの方に投稿を見てもらえます。

・8:00~9:00
・12:00~13:00
・17:00~18:00
・23:00~24:00

Facebookの利用者が多いと言うかネットを使っている方が多い時間帯ですね。
投稿内容によっても変わるので自分の投稿内容に最適な時間を見つけて見てください。

ただし、ファンが全くいないうちは何時投稿しても注目されませんし、ファンが増えれば時間に関わらず見て頂けるようになります。

Facebookに更新情報を流す際のポイント

当たり前ですが本来はブログの投稿に合わせ手動で投稿するのがベストです。
ですがそれにやたら労力を奪われるならばブログのコンテンツ作りに注力してFacebook投稿を自動化すると楽です。
ちなみに「dlvr.it」の方はTwitterにも同時投稿できます(全く同じタイミングで投稿される訳ではありません)。

3.Facebookコメントを設置

Facebookのアカウント(Facebookページ含む)でしか投稿できないコメントシステムです。
Facebookは実名登録という性質上、悪口のコメントが付きにくくコメント欄が荒れにくいという性質があります。
またスパムも届きにくいですよ。

Facebookコメントの7個の特徴

  • Facebookにログインしていないとコメントできない。
  • Facebookの名前等が自動で入力されるのでコメント本文を入力するだけ。
  • コメントフォームデザインは「Facebookなデザイン」
  • 個人アカウントの名前でもFacebookページの名前でもコメントできる。
  • 性質上炎上しにくい。
  • 性質上悪口を言われにくい。
  • コメントをFacebookを使って管理できる。

Facebookコメントの設置方法

WordPressで使用する場合はプラグインを使うのがカンタンです。

Facebook Comment For WordPress

WordPressのプラグインの新規追加で「Facebook Comment For WordPress」を検索&インストール。

Settings Page

WordPressの管理画面、左サイドバーにFB Commentの設定項目が出てくるのでそれを開いて設定画面を開きます。

各項目を埋めて「変更を保存」をクリックすれば完了です。

4.Like Boxを設置

Like Boxを自分のブログに設置します。
これを設置する事で自分のFacebookページ自体に「いいね!」を押してもらえます。
またLike Boxは重要なソーシャルプルーフになります。

Like Boxの設置方法

Like Boxは以下の「Like Box – Facebook開発者」ページから作成できます。

Like Box – Facebook開発者

5.Facebookボタンを設置

Facebookのいいね!ボタン (Like button)をブログに設置します。
これを設置すると対象の記事やブログがFacebookでどれだけ「いいね!」を押されたか?言及されたか?がわかります。
これも手動でも設置できますが、WordPressを使っているならばプラグインでカンタンに設置できます。
様々なプラグインがありますが、私は「WP Social Bookmarking Light」がオススメです。

「WP Social Bookmarking Light」をインストールすればFacebookのいいね!ボタンだけでなく、TwitterやGoogle+、はてなブックマークのボタンも設置できます。

6.Facebook用OGPを設置

OGPとはOpen Graph Protocolの略です。
OGPを設定しておくとFacebookに自分の記事のリンクを投稿した際に、「画像」「タイトル」「URL」「説明文」が一緒に表示されます。
OGPを設定しなくてもサムネイル等が表示されることがありますが、確実に情報を表示してもらうために、OGPをしっかり設定しましょう。

OGPの設定方法

WordPressならプラグインを使う事でカンタンに設置できます。
WordPressプラグイン「Open Graph Pro」をインストールし、「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」、「Open Graph Pro」で検索して「Open Graph Pro」を「いますぐインストール」→「プラグインを有効化」で完了です。

OGPのサンプルコード

以下のコードをheaderに記述することでもOGPが設定できます。

<html lang="ja" xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml">
<meta property="og:title" content="<?php the_title(); ?>" />
<meta property="og:type" content="blog" />
<meta property="og:url" content="<?php the_permalink(); ?>" />
<meta property="og:image" content="[表示する画像URL]" />
<meta property="og:site_name" content="[ブログ名]" />
<meta property="og:locale" content="ja_JP" />



7.Facebook広告を出す。

もしただのブログではなく、ビジネス目的のブログならばFacebookの広告配信システム「Facebook広告」を使ってみるといいと思います。
システムはGoogle AdWordsの様なリスティング広告に似ています。
課金システムは1クリック毎に料金が発生するクリック課金型と表示されるごとに課金されるインプレッション型の2種類があります。
自分のブログを直接宣伝する事も自分のFacebookページを宣伝する事もできます。

ターゲットの細かい設定

Facebook広告はFacebookに登録されている情報を使ってターゲットを細かく設定する事ができます。
地域、年齢、性別、趣味、言語、学歴など。
それらを設定し対象のFacebookユーザーに広告を配信する事ができます。

Facebookを活用して読者を増やそう

というわけでFacebookをWordPressで活用する7つ方法でした。

トレンドブログや雑多ブログもそうですが、ひとつのテーマに特化したサイトやブログならSNSと連携させると読者の増加が見込めます。
対策していないなら今すぐ対策しましょう。


関連記事

  1. ネットで稼ぐ。お小遣い稼ぎに使える10の方法

  2. 人気ブログを作るために見るべきオススメブログ

  3. ブログの過去記事を編集して再投稿するのが意外と効果的

  4. ブログで稼いでいるプロブロガー一覧

PAGE TOP