WordPressをプラグインでバックアップする方法

WordPressのバックアップには色々な種類がありますが、中でもオススメのバックアッププラグインを紹介します。

プラグインだけでバックアップを取る方法

初心者でもプラグインで簡単に対応できます。
今回、私が使ったWordPressプラグインは「WordPress Backup to Dropbox」と「WP-DBManager」です。

このプラグインを選んだ理由

WordPressの場合、データがサーバーとデータベースに分かれます。
WordPress本体や画像、テーマ等がサーバー側に。様々な設定や記事データがデータベース側に保存されます。
「WordPress Backup to Dropbox」がサーバー側のバックアップを、「WP-DBManager」がデータベース側のバックアップをとってくれます。
私はDropboxを使っているのですが、「WordPress Backup to Dropbox」は名前の通りWordPressのバックアップをDropboxに送ってくれます。
さらに私はDropboxの中身をMacのFinderと同期するように設定しているので、同じデータが同時に3箇所に置かれます。
これなら安心ということで「WordPress Backup to Dropbox」を使っています。
「WP-DBManager」は自動でデータベースを取ってくれるプラグインの中で一番使いやすく、上手くできたので使っています。


プラグインの使い方

どちらも公式のディレクトリに登録されているので、管理画面から検索すれば出てきます。
検索してインストール、そして有効化します。この辺は他のプラグインと一緒ですね。

WordPress Backup to Dropbox

WordPress Backup to Dropboxを有効化すると、WordPress管理画面のサイドバーに「WPB2D」という項目があらわれます。
その中の「Backup Setting」を開き、WordPressと自分のDropboxアカウントを接続します。
あとは、バックアップを保存するフォルダ名やバックアップの頻度、バックアップしないファイル等が設定すれば後は自動的にバックアップを取ってくれます。

WP-DBManager

WP-DBManagerを使うためにはFTPクライアントを使う必要があります。
WP-DBManagerをインストールし有効化したら、FTPソフト等でWordPressをインストールしているサーバーにアクセスします。
サーバーの中のwp-content/plugins/wp-dbmanagerフォルダにアクセスし、その中のhtaccess.txtという名前のファイルをwp-content/backup-dbフォルダに移動し、ファイル名を.htaccessに変更します。
同様にwp-content/plugins/wp-dbmanagerフォルダ内のindex.phpファイルをwp-content/backup-dbフォルダに移動します。
これでWP-DBManagerが安全に使用できます。
ただし、WP-DBManagerはいくつかのPHP関数を利用するため一部のレンタルサーバーでは使えないようです。

どちらのデータもDropboxに保存

WP-DBManagerによるデータベースのバックアップファイルはサーバー内に保存されます。
そしてWordPress Backup to Dropboxはサーバー内のすべてのデータをDropboxに保存することが可能なので、サーバーのデータもデータベースのデータも全てDropbox内にバックアップを取ることが可能です。

一度設定すればバックアップは簡単

この2つのプラグインなら一度設定するだけであとは自動的にバックアップを取ってくれるので助かります。

特にWordPress Backup to Dropboxはバックアッププラグインの中でも使いやすく、エラーも少ない印象でオススメです。


関連記事

  1. ワードプレスのテーマをハミングバードに変えればPVが増える!?

  2. WordPressのデフォルトテーマ一覧 (2010~2016)

  3. WordPressのセキュリティを強化する10の方法

  4. WordPressを高速化する方法

  5. WordPressの多言語化プラグインに「WPML」レビュー

  6. WordPressをMAMPでMacのローカルにインストールする方法

  7. 簡単!WordPressを手動でサーバーにインストールする方法

  8. WordPressの多言語プラグイン「WPML」で起こったトラブル一覧

PAGE TOP