SEO効果の高いパーマリンクとは?

パーマリンクはウェブサイトやブログのSEOにおいて非常に重要なファクターです。
WordPressなら記事のパーマリンクを自由に設定できるので、SEO、ひいてはユーザーのためにしっかり設定しておきましょう。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。
Source : IT用語辞典バイナリ

SEOに適したパーマリンクとは?

パーマリンクに正解はありません。なのでSEOに適したパーマリンクというのは難しいのですが、Googleのアナウンスが参考になります。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41dのような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

Source : ウェブマスター ツール ヘルプ

SEOに適したパーマリンクの例

私は上記のGoogleのガイドラインを見る限り、以下のような形のパーマリンクがもっともよいのではないかと考えています。

http://トップレベルドメイン/投稿名/

このようにドメインの次にそのまま記事の投稿名が続くような形です。
またトップレベルドメイン、投稿名共に英小文字のURLががいいのではないかと考えます。
このURLの形ならば非常にシンプルであり、またURLを見ただけで内容が推測できます。
さらにWordPressやMovable Type等、複数のブログサービスを乗り換えても変わる可能性が少ないパーマリンクだと思っています。

もしサイトにアップするコンテンツが決まっており、不変であるならば、以下のような形式も悪くないかもしれません。

http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名

ドメインと投稿名の間にカテゴリー名を含めた形です。
設定次第では投稿名のみよりわかりやすいURLになると思います。


パーマリンクは早めの対策を

シンプルであり、視認性が高いという点で私は今回紹介したパーマリンクがもっともSEO効果が高いのではないかと考えます。
もちろん正解はないので自身のウェブサイトに合わせた構成にするのが当然ではあるのですが。
ちなみにパーマリンクはあとから変更すると、その記事のSNSやはてなブックマークのシェアの回数や集積したSEO効果がリセットされてしまいます。

リダイレクトなどである程度は対応できますが、それでも大きなマイナスです。
そのような事態にならないためにもパーマリンクはウェブサイトの立ち上げ段階でしっかり考えて設定しましょう。


関連記事

  1. ping送信はSEOに効果があるのか?

  2. FlashのSEO

  3. SEOに強いレンタルサーバーはあるのか?

  4. 画像のSEO

  5. 更新通知にはXML、RSS、ATOM、ping、PubSubHubbubの4つを全て使おう

  6. モバイル対応できてる?|Google モバイル フレンドリーテスト

  7. SEOの基礎 | 重複コンテンツとは?

  8. SEOとは?|サイトが検索結果により多く出やすくするための施術

PAGE TOP