画像のSEO

画像のSEOについて解説します。

画像とSEO

Googleは画像、すなわち写真や図がなんの写真なのか? なんの図なのか理解できません。

そのため、画像中心の投稿をする場合は、その画像がなんなのかGoogleが理解できるように調整しましょう。

画像のSEO

画像のSEOとして有効なのは以下の項目です。

  • テキストやメニューを画像で表示しない
  • 画像の説明だけでなく、テキストでの説明も含める。
  • ファイル名を画像の内容がわかる名前にする。
  • 画像の周辺にテキストを書く。
  • altタグを設定する。
  • バナーの作成やサイトデザインをする際、テキストを画像の中に入れないようにする。

テキストやメニューを画像で表示しない

画像の中にあるテキストをGoogleは理解することができません。

重要な文章やメニューは画像ではなく、テキストで表示しましょう。

ファイル名を画像の内容が分かる名前にする

例えばりんごの画像なら画像のファイル名を「IMG00000123.jpg」などではなく「apple.jpg」などの形にしましょう。

画像にaltタグを設定する

altタグ (alt属性)は画像が表示されなかったとしても画像の意味が完全にわかるように詳細に書くのが好ましい。
Googleに最適な例が紹介されています。

適切ではない例:

<img src="puppy.jpg" alt=""/>

適切な例:

<img src="puppy.jpg" alt="子犬"/>

最適な例:

<img src="puppy.jpg" alt="持ってこいをするダルメシアンの子犬"> 

次のような記述は避けてください。

<img src="puppy.jpg" alt="子犬 犬の赤ちゃん 
小さな子犬 レトリーバー ラブラドール ウルフハウンド 
セッター ポインター ジャックラッセル テリヤ 
ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌"/>

ただし、アイコンや背景など意味をなさない項目には設定するべきではありません。
例えば自分のプロフィールアイコンが犬だったとして、上記のような詳細な犬の説明を書くのは好ましくありません。
同じく背景が青空の写真だったとして、そこに「雲ひとつない北海道の青空」などと書くのは好ましくないということです。

まとめ

画像はブログの記事を高品質に仕上げる上で非常に重要なアイテムです。

ブログで画像を使う際はSEOもしっかり対応しましょう。


関連記事

  1. ping送信はSEOに効果があるのか?

  2. SEOの基礎 | 重複コンテンツとは?

  3. モバイル対応できてる?|Google モバイル フレンドリーテスト

  4. SEOに適した見出しタグ(hタグ)の正しい使い方

  5. SEOに強いレンタルサーバーはあるのか?

  6. SEO効果の高いパーマリンクとは?

  7. 更新通知にはXML、RSS、ATOM、ping、PubSubHubbubの4つを全て使おう

  8. FlashのSEO

PAGE TOP