Google AdSenseを自己クリックしてしまった際の対処法

Google AdSenseの広告を自己クリック(自分でクリック)してしまった際の対処法を紹介します。

何もしなくていい

Google AdSenseの広告をうっかり自分でクリックしてしまった場合どうすればいいか?

結論から言うと「何もしなくて良い」です。

AdSenseヘルプ

Google AdSenseのヘルプ内の「アカウントを適正に運営する」に間違って自分の広告をクリックしてしまったときの対処法が書かれています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

ヘルプに書かれている通り、自己クリック(誤クリック)はアカウントには集計されず、またGoogleに連絡する必要は基本的にありません。


不正クリックには厳しい

Google AdSenseは自己クリックをはじめとする不正クリックに対しては非常に厳しいです。

Google AdSenseではコンテンツポリシー等の違反に対しては年々、警告メッセージ、警告メールを事前に送るようになり、いきなりアカウント停止・アカウント無効になるような事態は減っています。しかし、不正クリックは修正のチャンスも無しで一発アカウント無効などの措置が取られる事があります。

不正クリックは広告主に無駄に広告料を支払わせることになり、コンテンツポリシー違反等よりも基本的に広告主への悪影響が大きいです。そのため不正クリックはGoogle AdSenseのポリシー違反の中でも特別厳しくなっています。

不正クリックへの対処

自己クリックをはじめ、Google AdSenseは不正クリックや誤クリックを識別しアカウントに計上しないようになっています。

しかし、当然、自己クリックを繰り返すなどAdSenseユーザーに非がある行為はすぐにアカウントが無効になります。まれに「自分でクリックすれば儲かるよね?」と考えている方を見かけますがやってはいけません。


関連記事

  1. Google AdSenseの収入を1PVあたり1円以上にする方法

  2. Google AdSenseの使い方|稼ぐための21のコツ

  3. ジャンル特化ブログの記事は外注に任せると運営がらくちん

  4. Google AdSenseのメールサポートを受ける方法

  5. Google AdSenseの法人アカウントで個人口座は使えるのか?

PAGE TOP