ブログ名やハンドルネームはどうやって決める?

ブログをはじめる際、ブログ名やハンドルネーム、ユーザーネームはみなさんどうやって決めていますか?

ブログ名やハンドルネーム、ユーザーネームを決める際の重要な点

ブログ名やハンドルネーム、ユーザーネームは重要です。
色んな決め方があると思うのですが、「ユニーク(唯一無二)か?」「覚えてもらえるか?」「エゴサーチできるか?」あたりが重要ではないでしょうか?
ブログ名やハンドルネームを決める際に重要な点を紹介します。

ブログ名やハンドルネーム、ユーザーネームがひらがな表記

名のり(名前だけに使える漢字の読み)が珍しいと名前を覚えてもらえない可能性が高まります。
なので本名を使う場合でもローマ字やひらがな表記にするとわかりやすいでしょう。
ただ本名でなおかつ漢字を使わない場合は他の人の名前と被る可能性があるのが難点ですね。

ユニークな名前

人名か分からないほどユニークにしてしまうと覚えやすいです。珍しい名前は覚えやすいですしね。
人名で無くしてしまえば被る事はまず無いし便利、ですが、度を超えてしまうとそもそも名前かわからなくなってしまうので注意しましょう。

SNSのアカウントを取る時の事も考える

ブロガーであればドメイン名からサービスのアカウント名、TwitterやFacebookのアカウントURLを出来る限り全てそろえて取得した方がいいでしょう。
アカウントに無駄にハイフンや数字を入れなくて済むというのはブロガーにとって非常にありがたい点。
名前を決める際はSNSのアカウントが取れるかどうかを考慮しておくのも重要です。


エゴサーチしやすいかどうか

エゴサーチをしやすい名前にするというのも重要です。

エゴサーチ (egosearching) とは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為のことである。

-Via : Wikipedia

これは家入一真氏とキングコング西野氏のTweet。

名前が同じ人がいるとこういう事が起こるんですよね。
特に同じ業界の場合は顕著です。
芸能人だけみても、「高橋」とか「はるな」とか「だいご」とかよく被っていますよね。人名である以上、仕方がないですが、なるべくならエゴサーチしやすい名前がいいでしょう。

まとめ

ハンドルネームやブログ名を決める際は、SNSのアカウントが取れて分かりやすくエゴサーチしやすい名前を選びましょう。


関連記事

  1. 個人のブログ運営は1サイトに集中しましょう

  2. ブログのPV、収益アップにオススメな23本の記事

  3. ブログの書き方のコツ|記事を書く際の27のポイント

  4. Google Chromeのファビコンのキャッシュを削除する方法

  5. ブログにFeedlyボタン (RSSボタン)を設置する方法

  6. ブログの記事下を整理してPVと収入をアップさせよう!

  7. ブログをパクられたブロガーとその対策まとめ

  8. ブログタイトルの7つのつけ方

PAGE TOP