ブログタイトルの7つのつけ方

ブログタイトルのつけ方を7パターン紹介します。

ブログタイトル

読者の方にブログを覚えてもらうため、SEOで有利にするため、ブログのタイトルはとにかく大事です。
途中で変更しても特に問題はありませんが、あまりオススメしないので最初にちゃんと決めましょう。

1.自分の名前をタイトル入れる

芸能人やブロガーのウェブサイトによくあるパターンです。
自分の名前をドメイン名やサイト名に入れる方法です。
とにかく分かりやすい。
この方法のメリットはエゴサーチがしやすいというメリットがあります。
自分の名前で検索したとき、自分の評判とブログの評判同時に確認できます。
有名人は自分の名前で勝負するので芸能人ブログなんかはみな名前をサイト名・ブログ名にしますよね。
サイトだけでなく、自分自身に注目や価値を集めたい時にも使えると思います。


2.自分の好きな言葉

座右の銘やブログの目的、読者へのメッセージをタイトルに込めるつけ方です。
当然、初見の方はその深い意味に気づかない事が多いでしょうが、自分のブログに愛着はわきますよね。

3.ブログの内容が分かるタイトルにする。

王道ですね。
「iPhoneを使い倒すブログ」みたいな感じで。ブログの内容がタイトルを見ただけでわかるので非常に親切です。
可能ならばこの方法をとるのがオススメです。
「読者の方への分かりやすさ」。そしてキーワードを自然に入れる事によるSEOがポイントです。

ただし、途中でブログの方向性が変わった場合、困るので注意が必要です。

4.流行を狙ったタイトルにする。

流行のアイドルやゲームの名前をタイトルに入れる方法です。
おそらくこの方法を取る際は「3.ブログの内容が分かるタイトルにする。」と組み合わせる事になるでしょう。
メリットはSEOに強いことですが、流行が去ってしまったら意味がなくなってしまいます。

5.Twitter ID

プロブロガーのイケハヤさんが紹介していた方法。
ブログタイトルにTwitter IDを入れる方法です。

ブロガーおすすめTips。ブログタイトルにツイッターIDを入れてみたらいい感じ! : イケハヤ書店 by @IHayato

これをすると、Twitterで自分のブログ(or 自分のブログ記事)がシェアされた際、IDが入っている事で必ずユーザーにメンションが届きます。

Twitterに特化したやり方ですが、Twitter IDが名前ならわかりやすいですし、ユーザーにとってはよく働きそうです。

6.言葉遊び

Googleとかそうですよね*。
自分なりに造語やシャレ、響きなんかで遊んでみるのも面白いと思います。
いいアイデアが浮かべば愛着がわきますし、世界に1つのユニークなタイトルになるので分かりやすくもなります。

*「Google」は10の100乗を意味する「googol (グーゴル)」の綴り間違いと言われている。

7.ただの単語

好きな英単語1つ。問題は当然、他と被るということです

まとめ

個性的で「おっ!」と読者の方が感じるタイトルをつけたいですが、そうしたセンスあるタイトルをつけるのは少々難しいでしょう。
オススメは「3.ブログの内容が分かるタイトルにする。」です。読者の方にとってもSEO的にも有効です。


関連記事

  1. ブログのPV、収益アップにオススメな23本の記事

  2. 個人のブログ運営は1サイトに集中しましょう

  3. ブログにFeedlyボタン (RSSボタン)を設置する方法

  4. ブログ名やハンドルネームはどうやって決める?

  5. ブログの書き方のコツ|記事を書く際の27のポイント

  6. ブログテクニック|「逆説」を活用した文章を書く

  7. ブログをパクられたブロガーとその対策まとめ

  8. ブログの記事下を整理してPVと収入をアップさせよう!

PAGE TOP