テーマを徹底的に絞り、専門的なブログを作りましょう

ブログで扱うテーマはとにかく絞りましょう。

ブログのテーマを絞るメリット

ブログのテーマを絞るメリットはいくつもあります。

  • 深く専門的なブログが出来上がる
  • 保守・管理がしやすい
  • マネタイズがしやすい
  • SEOに強い

ひとつひとつ見ていきましょう。


深く専門的なブログが出来上がる

サイト内に様々なジャンルの記事があると、よくわからない雑多なブログができがちです。
主題だけでも決めておくとわかりやすく読みやすい専門的なブログになります。

保守・管理がしやすい

雑多なテーマを扱うと記事数は増えやすくなります。しかし、その分過去記事の管理がしづらくなります。
またカテゴリーやタグなどの分類、構造も記事やテーマが多ければ多いほど複雑になります。
nanapiなどはいい例でしょう。

nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト

膨大な記事とカテゴリーを誇るnanapi。極端な例ですが、もしこのようなサイトを自分一人で管理すると想像してみてください。例えnanapiの100分の1の1,000記事だとしてもかなり難しいと思います。
コンテンツが少ない方が管理しやすいのは明確ですね。

マネタイズがしやすい

例えば、テレビゲーム専門ブログであれば、何も考えずサイドバーに最新ゲームのアフィリエイトを貼っておいても売れる可能性はあります。

しかし、これが様々な情報を扱っていて、様々なことに興味がある人が訪れるブログだとすれば、サイドバーに適当なアフィリエイトを貼っておいても売れないでしょう。テーマを絞ることでアフィリエイトをしやすく、また自社広告枠も獲得しやすくなります。

SEOに強い

テーマが絞られている方がGoogleからの評価も上がります。
複数のテーマを扱っているとGoogleはそのサイトが何に関するサイトが認識しづらくなり、上位表示が難しくなります。
しかし、テーマを絞ればGoogleにも専門的なサイトと認識され、上位表示にも役立ちます。

まとめ

専門的なブログの方が管理が簡単でマネタイズもしやすく、SEO的にも強くなります。少ない記事数で効率的なブログ運営ができるので、ブログはテーマを絞った運営がオススメです。
色々な記事を書きたい方は別途雑多専用ブログをひとつ立ち上げるのがオススメです。


関連記事

  1. ブログテクニック|「逆説」を活用した文章を書く

  2. ブログタイトルの7つのつけ方

  3. ブログをパクられたブロガーとその対策まとめ

  4. ブログの書き方のコツ|記事を書く際の27のポイント

  5. ブログ名やハンドルネームはどうやって決める?

  6. 個人のブログ運営は1サイトに集中しましょう

  7. ブログにFeedlyボタン (RSSボタン)を設置する方法

  8. Google Chromeのファビコンのキャッシュを削除する方法

PAGE TOP