ブログをパクられたブロガーとその対策まとめ

悪質なサイトに自分のブログをパクられてしまった(コンテンツを違法にコピペされてしまった)例を紹介します。

パクられたブロガー一覧

うちも「LINEナビ」にパクられてた…パクリブログの発見方法とその対策 : まだ東京で消耗してるの?

LINEナビにパクられた話ですね。
記事中で言及されている通り、下手にパクられると自分がGoogleからペナルティを受ける可能性もあります。
要注意です。

【サイト運営者必見】脅威のサイト丸ごと盗用プログラム現る!その手口と対策、受けた被害についてまとめました

ブログをパクられただけでなく、パクリブログの方がGoogleにインデックスされ、自分のブログがインデックスから消えてしまったという辛い例。
これ、一歩間違ったらそれこそ逆にペナルティくらいますよね…

ブログ記事が丸パクリされたので仕返し!覚えておきたい3つの対応方法

かなり雑にパクられたようですが、それはむしろ不幸中の幸いかと。
下手に巧妙にパクられたらかなりキツそうです…


ブログ記事が丸パクリされました! Googleに通報したよ! | ヨッセンス

具体的にGoogleへの通報をレポートしています。

[Å]【要注意!!】パクリサイト発見!Googleに削除依頼、依頼ミス、取消し、削除完了に至るまでの苦悩の1週間を晒します | あかめ女子のwebメモ

こちらも詳しくGoogleへの依頼をレポートしています。
詳細に順序立てて書かれています。

ブログ記事を大量に丸パクリされたのでGoogle先生に報告しておいたぞ! | むねさだブログ

かなりの数をパクられたようです。
他人の記事はプログラムで簡単にパクることができます。
そうしたプログラムをうまく弾くのも大事ですね。

無断転載パクリブログ事件のまとめ | Webクリエイターボックス

少々古いですが、非常に有名なパクリブログ事件。
画像差し替えはシンプルかつ強力な対応です。

無断コピーへの対処法

無断コピーがあった際のGoogleへの対応は以下の記事が非常に参考になります。

無断コピーされたコンテンツをGoogleのインデックスから削除する方法 〜 DMCA侵害申し立てフォームから送信可能 | 海外SEO情報ブログ

パクリ対策は早めに

私も何度か記事をコピーされたことがありますが、非常に雑なコピーだったので放置で問題ありませんでした。
しかし、こうした事例をみていると、かなり巧妙なパクリまであるようですね。
放置しておくと状況が悪化してしまう可能性もあるので要注意です(=゚ω゚)ノ


関連記事

  1. ブログの記事下を整理してPVと収入をアップさせよう!

  2. ブログ名やハンドルネームはどうやって決める?

  3. ブログテクニック|「逆説」を活用した文章を書く

  4. ブログタイトルの7つのつけ方

  5. ブログのPV、収益アップにオススメな23本の記事

  6. ブログにFeedlyボタン (RSSボタン)を設置する方法

  7. 個人のブログ運営は1サイトに集中しましょう

  8. ブログの書き方のコツ|記事を書く際の27のポイント

PAGE TOP