未成年でも登録できるアフィリエイトサービス

未成年の方でも登録できるアフィリエイトを紹介します。

未成年でもできるアフィリエイト

アフィリエイトは多くの場合、未成年者はつかえません(特に18歳未満)。

ですが、中には未成年でも使用できるアフィリエイトがあります。口座が本人名義でないといけないものもありますが、未成年でも銀行口座は作れるので問題ないと思います。

学生のうちからやってみたい方など参考にしてください。

Amazonアソシエイト

通常は20歳以上。しかし、承認を受けることで未成年でも使用可能です。

Amazonアソシエイトの承認を受ける

親権者または後見人の文書による承諾があればAmazonアソシエイトを使用することができます。

以下の要項をAmazonに郵送すると承諾されます。

  1. 承諾した日付
  2. 参加希望の未成年者の氏名
  3. 未成年者がAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加することを承諾する旨の文章
  4. 承諾した親権者または後見人の住所氏名および親権者または後見人と連絡が取れる電話番号
  5. 承諾者の署名または捺印
  6. 承諾者と未成年者との続柄
  7. 登録時に使用のEメールアドレス

住所についてはAmazonに直接問い合わせてください。

他にも、Amebaブログを介してAmazonアソシエイトを使用したり、他のASPを経由してAmazonアソシエイトを使用することで、未成年でもAmazonアソシエイトを使用することができます。

楽天アフィリエイト

楽天が運営する、アフィリエイトサービスです。

楽天で扱っている商品をアフィリエイトとして紹介でき、非常に使い勝手が良いアフィリエイト。ただし、報酬は一定の条件を満たさないと現金ではなく楽天ポイントでお支払いです。

電脳卸

広告数は少ないですが、特徴的な商品が多いのが特徴です。

Google AdSense

18歳以上で使用できるGoogleのサービス。また保護者のGoogleアカウントを使用して申し込むことによって18歳未満も使用可能です。

クリック型広告サービスの中では世界最大級。読者の方にあった広告が自動で表示されるので、マネタイズ(収益化)が難しいブログやサイトでも使いやすいのが一番の特徴であり武器。

本格的なアフィリエイトサイトには使われませんが、ブログ等にはよく使われ、収益性も悪くありません。

A8.net

18歳以上で使用可能。

日本最大級のアフィリエイトサービスで、本格的にアフィリエイトを始めるならば必須と言っても過言ではないアフィリエイトサービスです。

セルフバックや自己アフィリエイトが出来る商品も多いので、買い物をお得にするために使用するのも悪くないと思います。

アクセストレード

18歳以上で使用可。
携帯サイトに強いのが特徴です。

まとめ

未成年でも使える有名なアフィリエイトサービスは以上です。ハードルが高い部分もありますが一応工夫次第で未成年もアフィリエイトを行うことができます。

特に未成年でも18歳を超えるとかなり自由度が広がるので気になる方はぜひ探してみてください。


関連記事

  1. ブログアフィリエイトで稼ぐ15のコツ

  2. アフィリエイトプログラム終了で毎月2万円の収入がなくなった件

  3. ブログで稼ぐなら1PVあたりの収益を意識すべき

  4. アフィリエイトサイトを分割するメリット・デメリット

  5. Amazonアソシエイトは追加サイトのURL申請が必須です。

PAGE TOP