アフィリエイトサイトを分割するメリット・デメリット

同じジャンルのアフィリエイトサイトを作る場合、サイトを分割したほうが良いのか、それとも全てのコンテンツを1つのウェブサイトに詰め込んだほうが良いのか?

メリット・デメリットをまとめてみました。

1サイトに集中させる

少々極端な例ですが、nanapi [ナナピ]はテーマを問わずなんでも同じサイト内で展開していますね。
全て同じドメイン (https://nanapi.jp/) の下に全てのコンテンツを集める代表的な例です。
個人でnanapiほどのサイトを作るのはさすがに厳しいですが、例えばWindowsもMacも同じパソコンとして同じサイト内で記事を公開するのが、「1サイトに集中させる」ということです。

1サイトに集中させるメリット

  • 内容の濃いサイトが作れる
  • ロングテールが期待できる
  • ドメインが育つ。
  • 全てのコンテンツが1つのドメイン下に集まる。
  • 運営コストが少なく済む (ドメイン、サーバーなど)。

1サイトに集中するデメリット

  • サイト内でキーワードが散る (キーワードカニバリゼーション)
  • ドメインがペナルティを受けると全てのコンテンツがダメになる。
  • 完成に時間がかかる。

サイトを分割する

こちらも極端な例ですが、ギズモード・ジャパンライフハッカーは運営元が同じですが、テーマごとサイトを分割していますね (テクノロジーはギズモード、ライフハックはライフハッカー)。

同じジャンルでももっと細かく、分割する場合、(iPhoneケースサイト、iPhoneアプリサイトなど)がサイトを分割する場合です。

サイトを分割するメリット

  • サイト内でキーワードが散らない (キーワードカニバリゼーション)
  • ドメイン評価のリスクヘッジ
  • それぞれのサイトの相互リンクでドメインの評価を上げられる

サイトを分割するデメリット

  • ドメインをそれぞれ育てないといけない。
  • 似たテーマのコンテンツが複数のサイトに散る。
  • 運営コストがかかる。

まとめ : ケースバイケースです。

結論としては身も蓋もない話ですがケースバイケースです。

サイトを作る際、状況に合わせてサイトを1つに集中するか分割するか考える必要があるでしょう。


関連記事

  1. ブログアフィリエイトで稼ぐ15のコツ

  2. ブログで稼ぐなら1PVあたりの収益を意識すべき

  3. 未成年でも登録できるアフィリエイトサービス

  4. Amazonアソシエイトは追加サイトのURL申請が必須です。

  5. アフィリエイトプログラム終了で毎月2万円の収入がなくなった件

PAGE TOP