Amazonアソシエイトは追加サイトのURL申請が必須です。

Amazonアソシエイトを使う際は、アソシエイトを行うサイトのURLを全て申請しなければいけません。

AmazonアソシエイトのURL申請

Amazonアソシエイトを使う際は、アソシエイトを行うサイト、ブログのURLを全て申請して、承認してもらわなければいけません。

Google AdSenseなんかは最初に1サイト申請&審査をするだけで自分の持っている他のサイトにも広告を貼れますがAmazonではダメなんですね。

このURLを申請、承認されていない状態で勝手にアフィリエイト(アソシエイト)を行うとAmazonアソシエイトのアカウントが停止されます。

Amazonアソシエイトアカウントの停止に関して、警告メールやアラート等はないです。バレたらいきなりアカウント停止ないしそれに類する処置があります(申請をしなおせば良い場合が多いですが)。

URLを登録する方法

Amazonアソシエイトのアソシエイトお問い合わせフォームから追加したいサイトのURLとその旨を書いて送信します。

審査が完了すれば結果がメールで送られてきます。

ちなみに管理画面には「Webサイト情報の確認」ページにURLを登録できる欄がありますが、これはメモみたいなもので審査とは関係ないです。

登録するURL

基本的にはアフィリエイトをやるサイトのトップページを申請すれば問題ありません。

複数サイトでもトップページが同じ(サブディレクトリ形式)ならば基本的にトップページを申請するだけで大丈夫です。
URLの一番最初の部分を申請しておくとあとあと便利かもしれないですね。

一応URL形式の扱いは以下のとおり。

1.異なるドメインのサイト

基本的にドメインが異なる場合はそれらを全て申請しなければなりません。実質同じサイトであってもです。

Amazonには10サイトまでしか登録できませんが、アカウントは複数作ることができるのでサイトが複数ある方は複数アカウントを作成しましょう。

トップページ代わりのサイトマップを作成してそこを申請すればそこにリンクを貼られているサイト全部登録できるという話を聞いたことがありますが、今でも有効かわかりません。

気になる方はAmazonに直接問い合わせましょう。

2.サブディレクトリのサイト

サブディレクトリのURLとは以下のような形式です。

「http://AAA.com/BBB」「http://example.com/CCC」

サイト内ブログのような形でサブディレクトリに設置されているサイトの場合、ドメインを申請しておけばサブディレクトリのサイトも全て許可されます。

つまりこの場合、「http://AAA.com/」を申請して登録が完了すれば「http://AAA.com/BBB」「http://example.com/CCC」も登録完了ということになります。

3.サブドメインのサイト

サブドメインのURLとは以下のような形式です。

「http://BBB.AAA.com/」「http://CCC.AAA.com/」

このような形式のサイトは別のサイト、ブログとして扱われます。

なのでサブドメインのサイトはそれぞれ1サイトずつ申請しなくてはいけません。

この場合、「http://BBB.AAA.com/」も「http://CCC.AAA.com/」も(同じサイトのような構成でも)それぞれ別に申請しなくてはいけません。

まとめ

複数サイト管理になるとだいぶ面倒ですね。

とはいえ返信もすぐ来るのでしっかりやっておきましょう。


関連記事

  1. ブログで稼ぐなら1PVあたりの収益を意識すべき

  2. アフィリエイトプログラム終了で毎月2万円の収入がなくなった件

  3. 未成年でも登録できるアフィリエイトサービス

  4. ブログアフィリエイトで稼ぐ15のコツ

  5. アフィリエイトサイトを分割するメリット・デメリット

PAGE TOP